サン歯科医院

一般歯科

虫歯の治療

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければならないのです。この補修の仕方は、虫歯の大きさや場所によって異なります。

小さい虫歯

89b318b94b0c1f112bd82dcffc169b6e

虫歯がまだそれ程大きくない場合には、まず虫歯になってしまった所を削り取ります。そして削った部分に詰め物をします。

 

大きい虫歯

977d4145545051962babc8bbef962387

虫歯が大きい場合には、沢山削らなければなりません。その様な場合には、削った歯に被せ物をします。

歯をできるだけ削らずに治す『ドックスベストセメント』による治療もあります。

参考:ドックスベストセメントとは?

 

神経まで進行した虫歯

e4fb5b3e9c80cdfec7b0a412222ff709

虫歯がさらに進行し、神経まで進んでしまった場合には神経をとらなければなりません。この場合、神経の治療後に、歯に被せ物をします。その為、虫歯の状況により治療が長期化する事があります。

 

歯を失ったら‥‥

g2歯は、食物を噛み切り、砕き、嚥下や消化を助け、全身の健康を維持する大切な役割りを担うものです。その他にも、審美的問題や発音の問題等、たった一本の歯でもあなたの健康に大きく関わってきます。何らかの要因で歯を失った後に、適切な処置(さし歯や義歯の装着)を施さないと、以下に挙げるような様々な障害を生じる事になります。

 

咀嚼障害、咬合(噛み合わせ)の異常

歯が抜けたまま放っておくと、食べ物を良く噛む事ができず、軟らかい物や小さい物など食べられる物が限られてきます。その為に、食欲もなくなり健康を害する事となります。

美的問題

歯が抜けた状態ですと、口元に張りがなくなり老け顔となってしまいます。

発音障害

前歯は審美的な問題に加え、発音にも大きく影響します。

残っている組織を守る

歯は上下左右がそろっている事により、きちんと噛み合い機能するものです。一本でも欠けた状態ですと残った歯に負担がかかり、健康な歯までダメにしてしまいます。残された歯を守るという事が一番重要な事なのです。

顎関節の異常を引き起こす

そして何よりも怖いのが、歯がない為に隣の歯が傾いてきたり、かみ合っていた相手の歯が伸びてきたりします。その結果、全体の噛み合せが狂い顎関節の異常を引き起こす原因となります。

歯を失ってから、放置期間が長ければ長い程、機能回復も難しくなり治療期間も長くなる事になります。ですから、なるべく早く治療を開始して、機能・口腔内の状態を充分考慮し、患者様に合わせたさし歯や義歯を装着する事が望ましいのです。

 

大切な歯を失う前に

とても小さい虫歯(虫歯のでき始め)であるならば、簡単な虫歯処置で済む場合もあります。

また、虫歯は見えにくい歯の隙間や、磨きにくい歯の裏側に出来やすく、発見が遅れる場合があります。ちゃんと磨けていると思っている方でも、定期的な健診をオススメ致します。

大切な歯を守っていくには、虫歯の早期発見・早期治療が重要です。


Scroll Up